起業と独立会社設立医療法人の会計税務会社の税務個人の税務中国ビジネス支援

助川公認会計士事務所 04/10/08
中国 無錫 蘇州 2004年9月

江蘇省無錫市は、上海より126キロ、高速に乗って車で3時間程度。蘇州からは車で30分ほどのところにある。南に太湖という大きな湖がある。 太湖は中国で4番目に大きい淡水湖で、琵琶湖の3倍の大きさがある。車で、亀頭渚公園まで行った。

亀頭渚公園にある「無錫旅情」の碑。日本人が作詞作曲した演歌。カラオケでは有名らしい?

亀頭渚公園は、充山半島の突端にあり、形がちょうどスッポン(鼈)の頭に似ているのでこの名がついた。ここでは、亀の漢字を当てはめたが、中国語では、鼈の字に似た漢字が使用されている。写真の亀は、頭は竜で、足は獣、尻尾は魚になっている。中国人が、亀の甲羅の上にお金を投げている。

亀頭渚公園。橋と池のおりなす風情を楽しめる。しかし、水は濁っているが。橋の向こうが側は太湖である。

亀頭渚公園から、船で渡り、太湖の中に浮かぶ太湖仙島。三つの山があるので三山公園と呼ばれている。

三山公園の中の寺院?で、きれいな女性が音楽を奏でていた。この女性と一緒に写真を撮ることができる。ただし、有料です。僕は、勝手に写真を撮ってきましたが。

宮の中にある王皇大帝像。高さは、20メートルくらいあるだろうか。下から見上げたところ。

蘇州。虎丘。春秋時代に蘇州を都としていた呉王の墓所。葬儀の3日後に、白い虎が現れて墓の上にうづくまったので、虎丘と呼ばれるようになった。高さ47メートル八角七層の斜塔がある。北宗時代の961年に完成したが、400年前から地盤沈下のため傾いている。現在、15度傾いている。

虎丘でおこなわれていた踊り。お祭りでいろいろな行事がおこなわれていた。虎丘に入るのに、入場料30元は取られるが、一番、おもしろかった。

蘇州。虎丘でおこなわれた曲芸。10代後半の女性と思われるが、もっと若く見える。

女性による曲芸。京劇風で登場し、顔のお面が一瞬で変化する。何度もお面が変わるので、びっくり。

腕や頭の上に、化粧をした子供を乗せて、虎丘内を歩く。子供がバランス良く、上に乗っていることに驚く。

蘇州。寒山寺。唐代の僧「寒山」がこの寺に住んだため、その後、寒山寺と呼ばれるようになった。入場料10元。赤いろうそくで、大きな赤い線香に火を付けている。一人、一束以上に火を付けていたのには、びっくりした。

鐘楼で鐘をつくと5元かかる。正月の元旦では、鐘をつく値段は、高いらしい。

B10back.gif (1110 バイト)  B10HP.gif (1249 バイト) sukeban.gif (4262 バイト)